緑が丘駅前の蕎麦とカレーと燻製料理が旨い店

 

ありまさのそば

ありまさのそばは自家製麺。こしが強くのど越しがよい二八そばです。厳選された蕎麦粉を、毎朝店主が打っています。つゆは冷たいつゆも温かいつゆも化学調味料不使用の無添加、一番だしのみ使用。最後の一滴まで美味しく召し上がれます。

お得なランチ・メニュー

☆ ランチ タイム(11:30~15:00)は
おそば大盛り無料です。

☆ 平日限定サービス 以下よりひとつお選びください。
・本日の小鉢
・ミニカレー
・半ライス
・ひと口プリン(数量限定)

NEW  12月の臨時休業日と1月以降の定休日について
      勝手ながら12月9日〜12日を臨時休業させて頂きます。
      尚、1月以降は定休日を毎週木曜日と第2・4水曜日に変更させて頂きます。

NEW  きのこと団子のせいろ(冷)ときのこと団子のそば(温)始めました
〝秋の味覚の王者・きのこ〟。美味しいだけでなく食物繊維たっぷりで免疫力もアップ。カラダにいいことばかりです。たっぷりのきのこと鴨と鶏の合挽のつくね団子がそばつゆに浮かびます。11月末迄の季節限定蕎麦。価格はどちらも1100円(税込み)です。


NEW 目黒発のクラフトビール取り扱い開始
個性豊かな〝クラフトビール〟。しかも目黒産のクラフトビールの取り扱いができるようになりました。目黒本町の『マイスターブロイ』。ビール職人の浅香さんはベルリン工科大学醸造学科でビール造りと微生物学を学びました。〝ありまさ〟は、マイスターブロイから取扱い認定を取得。オリジナルラガーは華やかで爽やかなホワイト・エールの味わい。ブラックラガーはドイツ伝統のシュバルツ系。苦味の中にチョコレートのような甘味を感じます。生産量がまだまだ少なく目黒区内で提供できる飲食店は多くありません。ご希望があれば「お持ち帰り」もできます。

NEW おススメの日本酒入荷しました
(定番の日本酒は飲み物コーナーに掲載しています)

山口県宇部市の永山本家酒造場。創業は明治21年。現在の蔵元杜氏の〝ゴリさん〟こと永山貴博氏は当店広報部長の友人。今年年初の読売新聞で東京への販路拡大の当社の意気込みを読売新聞が報じた記事に広報部長のインタビューも掲載されました。最高の食中酒を目指しワインと同様に〝ドメーヌ化〟に心血を注ぐ〝貴 特別純米酒〟の旨さをご堪能ください。どんなお料理にも合います。

創業1806年。青森県黒石市「鳴海醸造店」の7代目蔵元・鳴海信宏氏が醸した新しい日本酒〝菊乃井 純米吟醸 華さやか〟。〝華さやか〟は青森県産業技術センター農林総合研究所の品種交配で生まれた酒造好適米の名称です。日本酒の雑味成分の元となるアミノ酸の生成が極めて少ないという性質。この酒米の特質を生かして、まるで〝マスカットワイン〟のような華やかな香りの酒です。白ワインのようなファーストアタックと日本酒度-7でありながらやや辛口に感じ、しかもすっきりとした後味にきっと驚かれる筈です。

NEW 配布用・ありまさの〝手づくりリーフレット〟を作成しました

ぜひご活用ください
こちらがリーフレットです。

NEW 外国人向けレストランガイドに当店の
「ベーコンとトマトのカレーせいろ」が紹介されています。
『OSHINAGAKI』のバナー
をクリックしてください。

蕎麦とカレー

蕎麦とカレーのイメージ

定番の「せいろ」や「かけ」も美味ですが、「ベーコンとトマトのカレーせいろ」や「彩り野菜」などありまさでしか食べられないメニューは特におすすめ。季節ごとの限定そばも外せません。
カレーはスパイスの調合からすべて店主が行う独自のレシピ。「ドライカレー」は開店当時から大人気です。

お酒

お酒のイメージ

選りすぐりの地酒や焼酎をご用意しています。
日本酒は純米を中心に、冬春は「しぼりたて」秋は「ひやおろし」など季節の味をお楽しみください。
焼酎はあらかじめ水割りしてある、なめらかな口あたりの「前割り」やそば屋ならではの「そば湯割り」も!

酒菜(肴)

酒菜(肴)のイメージ

和食を中心に、しかし和のみにはこだわらず、様々なお料理をお出ししています。季節ごとの限定メニューも多数。すべて店主がスモークする燻製料理は特におすすめです。
野菜や魚は産地(主に三浦半島)に赴き直接仕入れることも。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.